熊本県|まったりトラベラー

世界!まったりトラベラー

熊本県について

このページでは、熊本県の旅行情報を提供しております。

ホテル
ホテルニューオータニ熊本

観光スポット
熊本市役所
熊本城
桜の馬場城彩苑
古町
熊本駅
三角線

熊本市役所

クリックして拡大 熊本市役所
全日空のマイルが貯まっていたので、期限が切れる前に特典航空券で熊本へ行ってきました!
こちらは熊本の中心に建つ熊本市役所です!
熊本市は2012年4月1日に政令指定都市になりました!

クリックして拡大 熊本市役所
熊本市役所の最上階は展望台になっており、熊本市街が一望です!
人口73万人の熊本市は見渡す限りに市街地が広がっています!

クリックして拡大 熊本市役所
熊本市役所は熊本城のお堀端に建っているので、展望台から熊本城の敷地も一望です!

クリックして拡大 熊本市役所
立派な石垣の上に本丸御殿と天守閣が建っています!

クリックして拡大 熊本市役所
この高さで熊本城を眺められる場所はここしかないのではないでしょうか?
市役所の最上階、観光客も少なく穴場です!

熊本城

クリックして拡大 熊本城
熊本と言ったらやっぱり熊本城でしょう!
ということで熊本城にやって来ました!
熊本城の敷地に入るには、入口で入場料500円を支払います!

クリックして拡大 熊本城
こちらは国指定重要文化財の不開門(あかずのもん)です!
熊本城は主要な建物が西南戦争で焼失してしまいましたが、かろうじて残った門や櫓は国指定重要文化財に指定されています!

クリックして拡大 熊本城
熊本城は要塞としての圧迫感があります!
この石垣を見たら、攻め入る気も失せますね!

クリックして拡大 熊本城
石垣の間を縫って天守閣を目指しますが、上から攻撃されそうで、戦いのための城だと実感します!

クリックして拡大 熊本城
敷地内の一番高い所に大小の天守閣がそびえています!
黒い姿が格好良いですね!
名古屋城とも縁のある加藤清正公の居城です!

クリックして拡大 熊本城
でも中に入ると鉄筋コンクリート造です。。。
昭和35年に外観だけ復元されました。。。
味気ない。。。

クリックして拡大 熊本城
天守閣の中には当時の石造りの階段だけが残っていました!

クリックして拡大 熊本城
大天守閣から望む小天守閣です!

クリックして拡大 熊本城
宇土櫓方面です!
宇土櫓は創建当時から残る唯一の多層櫓です!

クリックして拡大 熊本城
天守閣からは熊本市街地が一望です!

クリックして拡大 本丸御殿
天守閣から見た本丸御殿です!

クリックして拡大 本丸御殿
2003年から復元工事が始まり、2008年に完成しました!

クリックして拡大 本丸御殿
江戸時代から残る絵図や文献、古写真、発掘調査を基に復元は進められ、当時の面影を復活させています!

クリックして拡大 本丸御殿
館内には鎧の展示などもあり、インバウンドの観光客が食い入るように見ていました!

クリックして拡大 本丸御殿
鎧だけでなく屏風なども展示されています!

クリックして拡大 本丸御殿
若松之間(わかまつのま)は金の襖(ふすま)が美しく輝いています!

クリックして拡大 本丸御殿
続いて昭君之間(しょうくんのま)は床の間や天井も金色です!
豪華で、これこそ本丸御殿の見どころですね!

クリックして拡大 本丸御殿
中国の絶世の美女「王昭君」を描いた間なので昭君之間と名付けられていますが、実は将軍の間として造られました!
豊臣側の加藤清正は、いつか徳川幕府に代わる熊本幕府を樹立し、豊臣秀頼を将軍として迎える間として、この部屋を用意しました!

クリックして拡大 本丸御殿
そのため、加藤清正はこの間には一歩も足を踏み入れず、この間は使われずに現在に至っています!
そんな歴史を持つ間は、天井の装飾も細かい所まで復元されています!

クリックして拡大 本丸御殿
肥後国の繁栄を物語る豪華さですね!

クリックして拡大 本丸御殿
襖ではなく杉板に直接絵を描いた戸も公開されていました!

クリックして拡大 本丸御殿
本丸御殿の縁側です!
ポカポカと気持ち良く雅な時間が流れています!

クリックして拡大 本丸御殿
本丸御殿の建築技術は素晴らしいですね!
天守閣よりも私は好きです!
名古屋城も本丸御殿復元をしていますが、楽しみになって来ました!

クリックして拡大 いきなり団子
熊本城の敷地内屋台で売っていた「いきなり団子」です!
4種類くらい販売していたのですが、季節限定さくら味しか残っていませんでした!

クリックして拡大 いきなり団子
団子の中は薩摩芋と餡なので、ホクホクした食感と薩摩芋の甘さが口の中に広がる饅頭です!

クリックして拡大 デコポンサイダー
食後は熊本地サイダーのデコポンサイダーでまったり♪
天気に恵まれて、熊本城を眺めながら、ご当地の美味しいものをいただく、至福のひと時です!

クリックして拡大 数奇屋丸
熊本城の数奇屋丸にやってきました!
1989年に熊本市制100周年を記念して復元された建物です!

クリックして拡大 数奇屋丸
数奇屋丸の二階には「二階御広間」という広間があります!
かつて能や茶会が開かれた広間だそうです!

クリックして拡大 数奇屋丸
一番奥の部屋には金の襖に熊本城の掛け軸!

クリックして拡大 数奇屋丸
ここで色々な人達をもてなしたんですね!

クリックして拡大 宇土櫓
こちらが国指定重要文化財の「宇土櫓」です!
多くの建物が焼失した熊本城で、現存している唯一の多層櫓です!
つまり熊本城内で最も古い建物になります!
鯱や高欄があることから、かつては天守閣として使われていたのではないかという説もあります!

クリックして拡大 宇土櫓
櫓の中は石垣に沿って長い廊下が造られています!

クリックして拡大 宇土櫓
石垣に迫った敵兵を攻撃するための穴が壁のあちらこちらに開いています!

クリックして拡大 宇土櫓
急な階段で櫓の上方に上がれます!

クリックして拡大 宇土櫓
最上階もきちんとした部屋になっていました!
これは櫓ですが、小さい城だったら充分に天守閣に成り得る規模です!

クリックして拡大 宇土櫓
大手櫓門や二の丸方面が望めます!
西南戦争の時に3000人の官軍が籠城し、西郷隆盛が13000人の兵で攻めましたが、攻め落とせなかった程、堅牢な城が熊本城です!
西郷隆盛は「完軍に負けたのではない。加藤清正に負けたのだ。」という敗戦の弁を述べています!

桜の馬場城彩苑

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
熊本城の見学を終えて、櫨方門(はぜかたもん)前にある「桜の馬場城彩苑」にやってきました!

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
桜の馬場城彩苑は、江戸時代の城下町を思わせる風情のある館に、熊本城下から選りすぐりの23店舗が集合した飲食物販施設です!
熊本商工会議所が中心になって設置された熊本城桜の馬場リテール株式会社が経営!
熊本市も株式会社まちづくり熊本を通じて出資していますが、基本的に独立採算方式だそうです!

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
馬肉専門店「菅乃屋」が店先に屋台を出しています!

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
屋台で売っていた「馬肉コロッケ」は揚げたてで、かじると中から馬肉の肉汁がジューシーに出てきます!
でも馬肉だけあって油はサッパリとして、肉の味はしっかり!

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
城彩苑の真ん中には親水広場がありました!
屋台で買ったもので食べ歩くのもいいですが、ここで落ち着いて食べるのもイイですね!

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
阿蘇たかな漬本舗「菊屋」の牧場直送ソフトクリーム!
牛乳の甘さが濃くて、いかにも牧場のソフトクリームといった感じ!

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
「高田蒲鉾」は海の幸のお店!

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
薩摩揚げではなく、オランダ揚げ!
魚介の味がしっかりとしている練り物の揚げです!

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
「天草海食まるけん」の雲丹コロッケです!

クリックして拡大 桜の馬場城彩苑
一口かじると中からウニがとろーり♪

古町

クリックして拡大 早野ビル
熊本城の城下町の風情を求めて、中心商店街とは離れた「古町(ふるまち)」にやってきました!
こちらは熊本で最も古い鉄筋コンクリートのビル「早野ビル」で、今でも使われています!

クリックして拡大 森本襖表具材料店
こちらは景観形成建造物に指定されている「森本襖表具材料店」
今でも建築当時と同じ床座での商いをしているそうです!

クリックして拡大 ピーエスオランジュリ
こちらは大正8年に建てられて国登録文化財となっています!
「ピーエスオランジュリ」と言って、館内は空調のショールームになっています!

クリックして拡大 明十橋
こちらは「明十橋」と言い、明治十年に建造されました!
頑丈に造られたため、今でも車が通れます!

クリックして拡大 古町
道路側から見ると伝統的な二階建の町家づくりですが、中に入ると三階建てだったりします!

クリックして拡大 古町
しかも建物と建物の間には、人が一人やっと通れる通路があり、その奥にはカフェが!
町家空間を活かした不思議空間が広がっています!

クリックして拡大 西村邸
こちらは油商だった「西村邸」
火災を防ぐための煉瓦造りの防火壁が存在感を放っています!

クリックして拡大 鈴木邸
大正初めに建てられた小児科医院「鈴木邸」
洋館の医院は珍しかったそうです!

クリックして拡大 古町
この民家に挟まれた細い通路を抜けると・・・

クリックして拡大 白梅天満宮
今度はカフェではなく「白梅天満宮」という神社があります!
江戸時代には城下町を防衛するための兵の出城として機能していたそうです!
町家って奥が深くて面白い!

ホテルニューオータニ熊本

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
熊本駅前に建つ「ホテルニューオータニ熊本」に宿泊しました!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
熊本駅は市街地から離れており、周辺はお店がなく寂しい感じ。。。

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
とりあえずチェックインです!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
勾玉型のルームキーです!
とても風変わりなルームキーです!
熊本県には熊本県立装飾古墳館という施設があるくらいなので、勾玉が有名なのでしょうか??

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
エレベーターホールです!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
エレベータに乗って10階へ向かいます!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
勾玉型のルームキーを所定の場所にセットすると客室内の電気が付きます!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
こちらがホテルニューオータニ熊本の客室です!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
ベッドメーカーはフランスベッドでした!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
ライティングデスクには姿見代わりの大きな鏡が付いていました!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
旅館にありそうな急須と、消毒済みのビニールが被ったコップ!
でも用意されている飲み物はお茶のティーバッグ!
そして有料のドリップコーヒー!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
ハンガー5本と消臭スプレーはうれしいですね!
クローゼットの上には予備の枕もありました!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
洋服ブラシは竹箒!
スリッパはシートを張り付けるタイプ!
ここはどこの旅館ですか??

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
恒例の冷蔵庫チェックは、缶ビール525円、ソフトドリンク315円、ミネラルウォーター262円!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
ルームウェアは病院タイプでした!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
ホテルニューオータニ熊本のバスルームです!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
バスアメニティです!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーはポーラ化粧品でした!

クリックして拡大 ホテルニューオータニ熊本
天然精油100%のアロマオイルが置いてありました!
バスタブに垂らして優雅なバスタイムを演出できます!

熊本駅

クリックして拡大 熊本駅
九州新幹線が開業して綺麗になった熊本駅!

クリックして拡大 熊本駅
在来線と新幹線の改札を繋ぐ地下通路は明るくて綺麗!

クリックして拡大 熊本駅
熊本駅の中にある飲食店で頼んだ「だご汁定食」
熊本名物のだご汁は、すいとんみたいでホッとする味です!

クリックして拡大 熊本駅
食後に「晩白柚ジュース」と「晩白柚とはちみつドリンク」を買ってホテルに帰りました!
晩白柚は熊本名物の柑橘系フルーツです!
どちらも美味しかったです!

クリックして拡大 太平燕
熊本の中華料理店ではメジャーなB級グルメ「太平燕(たいぴーえん)」
福州料理の太平燕を明治時代に華僑が日本に伝えたものと言われています!
アヒルの卵の代わりにニワトリの揚げ卵を、燕(ワンタンの皮)の代わりに春雨を用いたことから、日本独自の麺料理として発展したらしいです!
熊本は馬刺しや辛子蓮根ばかりではないですよ!
熊本にお越しの際には是非ご賞味あれ!

クリックして拡大 つばめ
九州新幹線「つばめ」は博多と熊本を結ぶ新幹線です!

クリックして拡大 つばめ
車体の側面には燕の絵が描かれています!

クリックして拡大 つばめ
4列シートでゆったりとしています!

クリックして拡大 さくら
こちらは博多と鹿児島中央を結ぶ「さくら」です!

クリックして拡大 さくら
JR九州の車両は桜の木等を使いデザイン性のある車両ですが、JR西日本の車両は普通の工業的なデザインです!
九州新幹線に乗るなら、ぜひともJR九州の車両を狙いたいですね!

三角線

クリックして拡大 三角線
熊本駅から三角線に乗って三角港を目指します!

クリックして拡大 三角線
地方のローカル線とは思えない綺麗さ!
車両のデザインに力を入れているのがJR九州の特徴ですね!

クリックして拡大 三角線
沿線から海を眺めることができます!

クリックして拡大 三角港
三角港のシンボル「海のピラミッド」
土産物店や展望台があったらしいですが、今は閉鎖されています!

クリックして拡大 三角港
ここから船に乗れば天草へ行くことができます!

クリックして拡大 三角港
港の隣には「フィッシャーマンズワーフ」と横文字ですが、ただの海産物店!

クリックして拡大 三角港
でも売っている薩摩揚げ(熊本ではオランダ揚げか?)の味は美味い!

クリックして拡大 三角駅
三角線の終着駅で、三角港の玄関口「三角駅」です!
水戸岡鋭冶氏のデザインによる南蛮風の駅舎です!

クリックして拡大 三角駅
歴史ある駅ですが、駅舎はリニューアルされています!
天草等から連想される南蛮のイメージを上手く利用したデザインだと思います!

クリックして拡大 三角駅
駅舎の中もどこか外国を思わせるデザインが散りばめられていて、まるで昔からあった駅舎のような空気が流れています!
こういう駅って、駅らしくて好きだな♪

クリックして拡大 三角駅
三角駅(みすみえき)の名前の由来は、景行天皇巡幸の際に御門(みかど)と呼ばれるようになり、それが転じて三角(みすみ)となったと書かれていました!

クリックして拡大 三角駅
そして、何故、私が三角に来たのかというと、この特急「A列車で行こう」に乗車するためなのであります!(熊本から乗車するのは満席で無理でした…)

クリックして拡大 A列車で行こう
こちらの黒い車両がJR九州の特急「A列車で行こう」です!

クリックして拡大 A列車で行こう
黒い車体に金色のライン!
「16世紀の天草に伝わった南蛮文化」をテーマにデザインされた車体は大人の魅力が溢れています!

クリックして拡大 A列車で行こう
車体にあしらわれた「A列車で行こう」のマークも格好良くデザインされていて、特別感が漂っています!
パーサーが扉の前で挨拶してくれるのも粋です!

クリックして拡大 A列車で行こう
それでも全部で二両編成!
短い車両編成にこだわりが詰まった特急になっています!

クリックして拡大 A列車で行こう
運転席は左に寄っていて、先頭車両から景色を眺めることができます!

クリックして拡大 A列車で行こう
車内は木目を活かした温かい色調で落ち着いた旅を演出しています!
座席の模様は花柄なのですが、南蛮調なのでシックな感じに仕上がっています!

クリックして拡大 A列車で行こう
折り畳み式の大テーブルのあるセミコンパートメント席もあります!
仲間同士の旅もこれで盛り上がれます!

クリックして拡大 A列車で行こう
子供席は海を眺められるように配置されています!

クリックして拡大 A列車で行こう
そして子供席を眺めるようにソファ席が配置されています!
子供連れの親御さんも安心!

クリックして拡大 A列車で行こう
そして、大人の特急と言われる「A列車で行こう」には、二両編成であるにもかかわらずバーカウンターがあるんです!
「A-TRAIN BAR」と名付けられたこのバーにはアルコールも用意されています!

クリックして拡大 A列車で行こう
ビール、ハイボール、芋焼酎の他、マッカランまで用意されています!
もちろん軽食、おつまみ、お土産、鉄道グッズも販売されていますよ!

クリックして拡大 A列車で行こう
ステンドグラスなど雰囲気作りがしっかりしてあり、いつまでも長居していたくなります!

クリックして拡大 A列車で行こう
窓際には乗車記念のスタンプ台がありました!

クリックして拡大 A列車で行こう
スタンプを押すと乗車記念証になります!

クリックして拡大 A列車で行こう
もちろんアルコールを飲みながら車窓の景色を楽しみます!
頼んだのはA列車と言えばコレ「Aハイボール」
熊本産デコポンを使用したハイボールになります!
そして天草焼ドーナツと共にいただきました!
他にもカシス味のCハイボールとピンクグレープフルーツ味のPハイボールがありました!
もう名前がA列車と掛かってないですけどね!(笑)
本当は熊本駅からA列車で行こうに乗って三角駅へ行き、そこから天草宝島ライン「シークルーズ」に乗り換えて天草観光へ行くというのがゴールデンルートですので、次回は天草観光したいと思います!

クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大


クリックして拡大