栃木県|まったりトラベラー

世界!まったりトラベラー

栃木県について

栃木県についての情報を提供しております。
お客様の旅のご参考になれば幸いです。
どうぞごゆっくりご覧ください。

東武日光

明治時代に外国人の避暑地として発展した日光は、今でも日本有数のリゾート地として、特に紅葉の季節は観光客で賑わっています!

クリックして拡大 東武線
仕事が終わった後、東武線に乗って日光へ!

クリックして拡大 東武線
もう既に遅いためか、東武線の車内は空いていました!

クリックして拡大 東武日光駅
鈍行で揺られながら東武日光駅に到着!
さて、突然の思い付きで日光に来てしまったため、これから宿探しです!

日光金谷ホテル

クリックして拡大 日光金谷ホテル
思い付きで突然行ったため、宿泊予約もしていませんでした!
日光と言えば・・・日光金谷ホテル!
という単純な発想で、東武日光駅から日光金谷ホテルに電話!
「眺望は望めませんが、シングルルームに空きがあります」ということで、お世話になることに♪
シャトルバスも終わっている時間なので、タクシーにて日光金谷ホテルに!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
1873年に開業した日光金谷ホテルは、現存する日本最古のホテルです!
開業当時は「金谷カッテージイン」という名前で外国人専用宿でした!
クラシックホテルの風情が漂っています!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
チェックインを済ませ、客室に案内してもらいます!
レトロな階段を上って3階へ!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
増築増築で建てられているので、内部は迷路のように入り組んでいて、自分の部屋の場所を覚えるのが大変そうです。。。

クリックして拡大 日光金谷ホテル
今回宿泊するのは72号室です!
ルームキーもレトロな作りでした!
木のぬくもりを感じる、可愛らしいルームキーです!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
落ち着いた色調のベッド、温かみのある障子、歴史を感じさせます!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
タンスや茶箪笥もレトロな雰囲気を醸し出していて、タイムスリップした感じです!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
ベッドから客室入口を見たところ、いくつ鏡があるのか!?ってくらい鏡が並んでいました!(笑)

クリックして拡大 日光金谷ホテル
バスルームは清潔感があり、若干広め!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
暖房はスチームストーブで、あえて交換せず、修理して使い続けているそうです!
こんなところにクラシックホテルとしてのこだわりが垣間見れました♪

クリックして拡大 日光金谷ホテル
お腹が空いたので夕食を食べにメインダイニングに行きました!
夕食のラストオーダーまでにチェックインできて良かったです♪

クリックして拡大 日光金谷ホテル
サンルームのような場所に通されました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
シルバーの並ぶテーブルは、見ているだけでワクワクしますね!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
まずは前菜!
日光湯波と海老のサラダ!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
栃木県は海なし県なのに、海老がプリプリしてて美味しかったです!
パンは2種類!
籠に入って出てきました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
次はオニオングラタンスープ!
私はオニオングラタンスープに目がないんです!
この濃厚なスープにオニオンの香り!
そしてチーズがトロットロに溶けて最高ですよね!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
続いてメインディッシュ!
日光虹鱒のソテー金谷風!
醤油バター風味で、初めて食べるのに何だか懐かしい味!
明治時代で洋食の知識がゼロだった時代、多くの外国人宿泊客の意見を聞いて、アレンジしていき完成した日光金谷ホテルの名物料理です!
お皿からはみ出す虹鱒の大きさも圧巻!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
さらにメインディッシュ後の野菜サラダ!
リンゴとセロリのサラダだったんですが、セロリ臭さが全くなく、食感を楽しめたので不思議でした!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
最後にデザート!
デザートはクレームブリュレ!
表面がパリパリで、中は甘くて幸せ♪
美味しいものを食べると幸せな気分になりますね!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
美味しい夕食も食べて、食後にまったり館内探索!
夕食を食べた場所は、以前はロビーだったのだそうです!
その当時のダイニングルームが残されていて、見学できるので、食後の散歩にふらっと立ち寄りしました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
中に入ると当時にタイムスリップしたような気分になります!
決して豪華って感じではないけれど、こだわりが感じられて、ここで多くの外国人が食事している風景を思い浮かべてみると、何だか様になってしまうところが羨ましい!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
天井を見上げると、一つ一つ異なる絵が描かれていました!
こんなこだわりがあったからこそ、今まで人気が続いて、現存できているのだと思いました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
日光金谷ホテルには大浴場はありません!
基本的に客室のバスルームを使います!
しかし、館内マップを見ていると家族風呂の文字を発見!
早速行ってみます!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
家族風呂は中から鍵をかけるタイプで、空いていれば誰でも無料利用できるみたいです!
中から鍵をかけると、このランプが点灯するみたいです!
せっかくなので、家族風呂を利用することにしました!
脱衣室には洗濯したての新しいタオルが山積み!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
新しいタオルを使い放題なのは嬉しいですね!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
浴室は、洗面が2ヶ所あって、家族風呂の名の通り、家族で使っても広く使えそうでした!
浴槽は見た目は普通、ですが客室よりも大きいので、ゆったり浸かることができます!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
また衛生上、お湯が出しっぱなしにしてあって、常に溢れているので、少しリッチな気分!
まったりした時間を過ごしました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
お風呂上がりに館内を散策していると、人のいなくなったロビーに出ました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
誰もいなくなった広々としたロビーの写真を撮っていると、目に入ったのはティーサービスです!
雰囲気のあるポットでお湯が湧き、カタカタいっている音がイイ感じ♪
最近はクラブラウンジとかで無料のドリンクサービスがあり、スタッフもオススメしてくれるのが普通ですよね!
でも日光金谷ホテルでは「家族風呂があります」とか「ティーサービスをしています」といった案内が全くありません!
それは私のように一人旅ではスタッフとの会話を楽しみにしている者にとっては寂しくもあり。。。
でも、案内がないからこそ、見つけた時の感動は大きく、ティーサービスも私一人で楽しんでました!
ロビーで本を読みながら、紅茶でくつろぐ♪
贅沢な時間を独り占めですね!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
ロビーの壁には宿帳が飾ってありました!
宿帳に書かれたヘレン・ケラーの直筆サイン!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
さらに吉田茂の直筆サインも!
昔から大物の方々が宿泊していたんですね!
日光金谷ホテルに泊まったから、これで私も大物になれるかな?(笑)

クリックして拡大 日光金谷ホテル
翌日、朝食を食べにダイニングルームへ行きました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
夕食の時とはまた雰囲気が違うので、それだけでワクワクしますね♪

クリックして拡大 日光金谷ホテル
パンは食パンとバターロール!
食パンはサクサク、バターロールはフカフカでした!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
手作りジャムを付けていただきます!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
メインはオムレツ!
ホテル・ブレックファストの王道ですね!
ふんわりしてて美味しいです!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
朝食の後は、趣味である館内の散歩!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
増築増築で建て増しされているので、迷路のような館内を辿り、階段を上り、後ろを振り返るとホテルを見下ろす景色が!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
さらに階段を上っていくと、『龍宮』が見えてきました!
『龍宮』は、夏はプール、冬はスケートリンクになります!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
貸靴なんでしょうか? 入口には年季の入ったスケート靴が並んでしました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
天然氷のスケートリンクのため、冬になっても不定期営業だそうです!
天然氷のスケートリンクなんて、これまた歴史を感じますね!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
館内散策をしていると、『オレンジスイート』の客室清掃中でした!
清掃中のスイートをちょっと覗かせてもらいました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
客室の扉を開けると、踏み込みに飛び石が!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
左のカーテンの中を覗くと、そこはベッドルーム!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
天蓋が可愛らしい造りになっていますね♪
バスルームもモダンな造り!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
浴槽は外が眺められるビューバスになっています!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
リビングには大きな液晶テレビとソファー!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
ライティングデスクもあり、外の緑を眺めながら、手紙を書いたりできます!
泊まったスタンダードとは大違い…
でもクラシックホテルの良さはあまり感じられないかな。
それから、どこがオレンジなんだろう?(笑)

クリックして拡大 日光金谷ホテル
宿泊した翌朝に見るホテルの外観は、夜間に見た外観とはまた雰囲気が違いますね!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
隣に建つ別館もまた趣があります!
1957年には昭和天皇もご宿泊されました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
本館を裏側から見ると、緑に囲まれていることが良く分かります!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
別館も裏側から見ても趣がありますね!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
ホテルの進入路を下から見上げたところ、ホテルは見えないし、大きな石碑があるしで、威圧感がありますね!

神橋

クリックして拡大 神橋
宿泊した日光金谷ホテルを出発し、日光東照宮方面へ!
途中に奈良時代に建造された神橋(しんきょう)があり、これも世界遺産として登録されています!(洪水で流失したため、現在の橋は1904年に再建されたものです)
はね出し工法としては日本唯一の古橋であり、日本三大奇橋(他に山口県錦帯橋、山梨県猿橋)の一つとしても数えられています!
写真では(実際に見ても)良く分かりませんが、両端から木材を張り出して、真ん中で繋ぐという工法を取っているそうです!
鉄橋では良くやりますが、木橋では珍しいんでしょうね!
公式ホームページには「はね橋構法」って書いてあるのですが、工法の内容からして「はね出し工法」だと思うのですが、橋の工法に詳しい人、教えてください!
「はね橋」って言ったら「跳ね橋」のことで、船が来たら開くやつになりませんかね?
ちなみに私は日本三大奇橋は、山口県錦帯橋、山梨県猿橋、徳島県かずら橋だと思っているのですが、3つ目は諸説あるんですね!

日光東照宮

クリックして拡大 日光東照宮
神橋は神事の際にしか使われないので、ちょっと下流にある日光橋を渡って、東照宮のある森に入ります!

クリックして拡大 日光東照宮
森の入口には世界遺産の石碑が!
この石碑、カッコイイですね!

クリックして拡大 日光東照宮
参道には神馬のための土の登り坂もあります!
敷地が広くて、階段も多くて、巡るのが大変そうです!

クリックして拡大 日光東照宮
敷地内に入ったところにチケット売場発見!
さっそくチケットを購入!
東照宮以外にも神社や寺院のチケットが!?
ここって東照宮だけじゃないんですね!
東照宮ばかりが有名ですが、他の神社や寺院を含めて、一帯が世界遺産登録されているらしいです!

クリックして拡大 日光東照宮
早速、一番近くの輪王寺三仏堂から拝見!
現在は修復中で外観は拝めませんでした。。。
内部は撮影禁止。。。
内部には高さ8.5メートルもある千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音の3体の金ピカの大仏様が鎮座していました!

クリックして拡大 日光東照宮
東照宮の参道にやってきました!
緑が多くて癒されますね~♪

クリックして拡大 日光東照宮
東照宮の石碑を発見!
黄金の家紋が光ってますね!

クリックして拡大 日光東照宮
そして鳥居をくぐります!
この石の鳥居は、石材を九州から持ってきて建てられたらしいです!
ここからいよいよ東照宮の境内です!
ワクワクしますね!

クリックして拡大 日光東照宮
東照宮の境内に入ると、早速、五重塔がお出迎えです!

クリックして拡大 日光東照宮
さらに奥に進むと三神庫があります!

クリックして拡大 日光東照宮
立派な装飾と綺麗な色彩!
お祭りで使用される馬具や装束が納められているそうです!

クリックして拡大 日光東照宮
その他に神厩舎があり、神馬がいます!

クリックして拡大 日光東照宮
ここに有名な三猿がいます!
「見ざる、言わざる、聞かざる」ですね!
昔から「猿が馬を守る」と言われていて神厩舎に猿の彫刻がしてあるのだそうです!

クリックして拡大 日光東照宮
これから東照宮本殿の境内に入ります!

クリックして拡大 陽明門
装飾が素晴らしいです!
508体の装飾が施されているので、一つ一つを見ているだけで日が暮れてしまうということから、別名「日暮の門」と呼ばれています!
八本の柱の中に一本だけ文様が逆の柱があり「魔除けの逆柱」と呼ばれています!
「完成は崩壊の始まり」という思想から、わざと未完成にしておく職人の粋な計らいです!

クリックして拡大 陽明門
陽明門の廻廊も装飾が素晴らしいです!
日光東照宮は最初は質素なお堂だったそうですが、三代将軍徳川家光が絢爛豪華なお寺に造り替えたそうです!

クリックして拡大 日光東照宮
鐘楼も装飾が…どれだけ華美なんでしょうか!

クリックして拡大 日光東照宮
本殿横から奥宮に行くための門に、有名な眠り猫がいました!
裏から見ると雀が飛んでいるのですが、そんな雀が飛んでいても「猫も眠るほどの平和」を象徴としているそうです!

クリックして拡大 日光東照宮
眠り猫のいる門を抜けると、そこは杉林の中でした!

クリックして拡大 日光東照宮
何百という階段を上っていき、もうすぐ頂上です!

クリックして拡大 日光東照宮
頂上には奥宮があります!

クリックして拡大 日光東照宮
奥宮の裏には鋳抜門(いぬきもん)があります!

クリックして拡大 日光東照宮
さらに鋳抜門の裏には徳川家康の墓があります!
日光東照宮は徳川家康を祀る神社です!

薬師堂

クリックして拡大 薬師堂
東照宮の境内に薬師如来を祀っている「薬師堂」があります!
なぜ神社の境内に寺院!?って感じですが、明治時代の神仏分離の前に建てられたからでしょうか?
徳川家康は薬師如来の生まれ変わりと考えられたので、本来の仏(本地)をまつったことから別名「本地堂」と言うそうです!
この薬師堂の名物は、天井に描かれた「鳴龍」の絵!
内部は写真撮影禁止なので皆さんにお届けできませんが。。。
龍の頭の下で拍子木を打つと、天井と床が共鳴して鈴のような鳴き声に聞こえます!
ちょっとでも離れたところで拍子木を打っても共鳴せず普通に聞こえます。。。
良く考えられて造られてますね~♪

二荒山神社

クリックして拡大 二荒山神社
日光東照宮を後にした私は、日光らしい杉並木を抜けて、二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)に行きました!
日光男体山の別名「二荒山」にちなんだ名前です!

クリックして拡大 二荒山神社
この神社も世界遺産です!

クリックして拡大 二荒山神社
日光杉が二本寄り添って立っていました!
こんな風に、それぞれしっかりとした杉だけれども、根っこが繋がっっている、そんな夫婦って憧れるなーと思いながら拝みました!

クリックして拡大 二荒霊泉
神社の最奥には二荒霊泉があります!

クリックして拡大 二荒霊泉
左から「若水」「酒の泉」「知恵の水」だそうです!
若水・・・この水を飲むと、若々しくいられる!
知恵の水・・・この水を飲むと、頭が良くなる!
酒の泉・・・この水を飲むと、飲んだくれになる!…ではなく、この水で酒を作ると、美味しい酒ができる!
だそうです!
これ、元は1本でしょ!?と思いながら、3本とも飲んできました!(笑)

輪王寺大猷院

クリックして拡大 輪王寺大猷院
二荒山神社を後にして、世界遺産に登録された最後の寺院、輪王寺大猷院に行きました!

クリックして拡大 輪王寺大猷院
門がまた豪勢です!

クリックして拡大 輪王寺大猷院
大猷院は徳川三代将軍、徳川家光を祀っています!

クリックして拡大 輪王寺大猷院
大猷院は徳川家康の祀られている東照宮の方面を向いて建てられています!
徳川家光の徳川家康に対する尊敬の念が込められています!

クリックして拡大 輪王寺大猷院
そして最奥にあるのが徳川家光の墓です!
祖父である徳川家康を尊敬していた徳川家光は、東照宮を真似することを嫌いました!
だから東照宮が白・金を基調とした黒縁なのに対して、大猷院は黒・金を基調とした赤縁なのだそうです!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
日光東照宮をはじめとした世界遺産の社寺を見学して、歩き疲れたので遅いランチを食べながら休憩しようと思い、境内の周辺を散策するも美味しそうな店が見つからず。。。
見上げると川の対岸に見覚えのある建物が!
そう、日光金谷ホテルです!
思い切ってランチもまた日光金谷ホテルで食べました!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
注文したのはホテル名物『コロケットランチ』
まずは透明感のあるコンソメスープ!
一口含むだけで、ほっとしますね♪

クリックして拡大 日光金谷ホテル
次はメインのコロケット!
コロケットは今で言うクリームコロッケ!
明治の時代にはハイカラな料理だったに違いありません!
そんな明治の建物と料理で、ひととき明治時代にタイムスリップしたかのような感覚を満喫しました♪

クリックして拡大 日光金谷ホテル
食後にアイスクリーム!

クリックして拡大 日光金谷ホテル
今回は窓側ではなく内側の席に通されたので、内装をまじまじと眺めてみました!
柱を見上げると装飾が可愛らしい♪
細かいところにこだわって建てられているなーとしみじみ思います!

クリックして拡大 JR日光駅
日光東照宮を始めとした世界遺産を満喫して、遅めのランチでお腹いっぱいになったことだし、これから長い時間をかけて名古屋に戻ります!
行きは東武鉄道できたので、帰りはJRで帰ろうと思いました!
風情のあるJR日光駅です♪
時間を見たら、けっこう待つことが判明しました。。。
ケータイで時刻を調べたら東武鉄道のが早そう!

クリックして拡大 東武鉄道
ということで、やっぱり東武鉄道で帰る事にしました!

クリックして拡大 東武特急スペーシア
下今市駅で鬼怒川方面から来た東武特急スペーシアに乗り換えて帰宅します!
今回の旅行は日光金谷ホテルで英気を養いました♪